G1【有馬記念】2015ゴールドシップ引退レース人気投票と出走馬

スポンサーリンク

Pocket



競馬

今年で60回を迎える【有馬記念】。昨年レースの人気1位の【ゴールドシップ】が現役引退したりと注目のレースです!

競馬ファンでなくても注目される【有馬記念】その歴史や今大会の人気投票と出走馬、そして引退する昨年の優勝馬ゴールドシップについてまとめてみました。

【有馬記念】の歴史と過去優勝馬

毎年最後(12月下旬)に千葉県の中山競馬場で行われる重賞(G1)レース。
1年の総決算、国民的イベントとして人気がある。

【有馬記念】の歴史は古く、1955年(昭和30年)に当時の日本中央競馬会理事長の有馬頼寧が日本ダービーに匹敵する華やな大レースにしたいと翌年1956年(昭和31年)に第1回中山グランプリとして始まった。

しかし、年明けの1月に有馬頼寧が逝去し翌年からは有馬の功績をたたえ第2回からは【有馬記念】という名称になる。

この大会はファン投票で行われるレースでこれも盛り上がる人気のひとつ。
あと、世界一馬券が売れるレースとしても知られ、1996年に1レースでなんと!875億円104万2400円の世界記録を出している。

過去数々感動やドラマを生み出してきたが、一番の記憶はなんと言っても1990年のオグリキャップの引退レース。この日、中山競馬場に17万8,000人のファンが集結した。

レースが行われる中山競馬場は、芝2,500m コーナーを6つ回るテクニカルコースで、最後の直線が310mと短いので抜くタイミングが難しいのが特徴。

過去10年の優勝馬は

スポンサーリンク


2005年 ハーツクライ 騎手 C・ルメール
2006年 ディープインパクト 騎手 武豊
2007年 マツリダゴッホ 騎手 蛯名正義
2008年 ダイワスカーレット 騎手 安藤勝己
2009年 ドリームジャーニー 騎手 池添謙一
2010年 ビクトワールピサ 騎手 M・デムーロ
2011年 オルフェーブル 騎手 池添謙一
2012年 ゴールドシップ 騎手 内田博幸
2013年 オルフェーブル 騎手 池添謙一
2014年 ジェンティルドンナ 騎手 戸崎圭太

その他有名馬
ナリタブライアン、オグリキャップ、トウカイテイオーなど

2015年ファン投票と出走馬は?

ファン投票の発表は
第1回中間発表11月22日(木)
第2回中間発表12月3日(木)
最終結果発表12月10日(木)

第1回中間発表の結果は、

1位 ゴールドシップ(昨年優勝馬、今大会現役引退)
2位 ラブリーデイ(本命)
3位 キタサンブラック(10月菊花賞優勝、馬主は北島三郎)

3日に発表された第2回中間発表ですが、順位は第1回と変わらず。
ゴールドシップが1位を死守しました。

10日の最終結果が楽しみですね?

最終もこのままいくのではないでしょうか。

10日に発表された最終結果です
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

有馬記念投票

出展元:http://www.jra.go.jp/news/201512/121003.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりTOP3は変わらずでした!

ゴールドシップ2年連続1位!!

出走予想馬

ラブリーデイ
ショウナンパンドラ  →出走回避
ゴールドシップ
ラストインパクト
ルージュバック
ゴールドアクター
キタサンブラック
マリアライト
リアファル
サウンズオブアース
ジャングルクルーズ
サトノラーゼン
ワンアンドオンリー
レーヴミストラル
メイショウカドマツ
ラキシス
トーセンレーヴ
サトノノブレス
ヒットザターゲット
アドマイヤデウス
カレンミロティック
ペルーサ
メイショウマンボ

現役引退ゴールドシップとは?

生年月日 2009年3月6日
調教師 須貝尚介
馬主 合同会社小林栄一ホールディングス
生産者 出口牧場
牡6歳
通算成績 27戦13勝
JRA賞最優秀3歳牡馬(2012年)

2011年のデビューから圧倒的な強さを誇ります。

ラストランの騎手は昨年と同じ内田博幸。レース後に引退式が行われお別れです。
寂しいですね。今回予想人気は、ラブリーデイ、ショウナンパンドラに続いて3位ぐらいになると思います。

ありがとうございました!

【関連記事】

【有馬記念】2015ゴールドシップ引退!最強ラン馬ーの今後は?

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)