誰でもできる安くて安全なダイエット法【スロージョギング】とは?

スポンサーリンク

Pocket



運動嫌いで走るのなんてもってのほかで、何をやっても続かなかった僕が、約半年で約5㎏のダイエットに成功し、今でもこの方法を続けていて約10㎏減の体重をリバウンドなしで維持しています。

誰もが無理なくダイエットできる絶対的その方法とは
【スロージョギング】です。

今回はダイエットだけでなくいいこと満載の【スロージョギング】をまとめてみました。

【スロージョギング】とは

「ランニング」が本気走りに対して「ジョギング」はゆるやかなペースで走ることなんですが【スロージョギング】はさらにスピードを抑えてゆっくり走ることを言います。

具体的には歩くのと同じスピードでゆっくり走ることなんです。(笑)速度でいうと4〜5㎞/hになります。

また、鼻歌が歌える、おしゃべりしながらできるレベルのペースとも言います。

この言葉は2009年ごろ生まれ、NHKの番組「ためしてガッテン」で発信され全国に広まりました。

また、なんと!天皇皇后両陛下も健康のために【スロージョギング】を行っていることがニュースで取り上げられ話題になったことも。

なぜ【スロージョギング】がダイエットによい理由とは?

歩くスピードと同じで走る?というのに矛盾があるかもしれません。

普通歩けばいいんじゃないと思われるかもしれませんが、なぜ走るのかというと、歩くのと比べてエネルギーの消費量が約2倍あるからです!

同じ1㎞でも歩くのと走るのでは約2倍消費量が違うんです。
つまり早く痩せることができる!!ということです。

さらにゆっくり走るので、
疲労が少ない、故障しにくい、キツくないので持続しやすいんですね。

走ることは歩くことに比べ、使う筋肉が違うため余分な脂肪を効率的に落とすことができます。

それは足を上げることにより、太ももの前とお尻の筋肉、上半身と下半身をつないでいる腸腰筋を使い、それは体の中の筋肉の中でも大きな筋肉だからです。

【スロージョギング】のポイントとは?

スロージョギングの実践法を簡単にまとめてみました。

ニコニコペースで走る
笑顔でおしゃべりを楽しめるきつくないペースです。

指の付け根で着地する(フォアフット着地)
アキレス腱のバネを使うので地面からの衝撃を最小限に抑えることができる。かかと着地の3/1の衝撃。つま先ではないので注意!

歩幅を小刻みにして走る
体が安定します。

飛び跳ねず、地面は強く蹴らない。
余分な動きをせずに疲労を抑え持続して走れるようにします。

アゴを上げ目線は遠くを見る
地面からの反発力をうまく得るためによし姿勢で走る。背筋が伸び、呼吸もしやすくなる。

腕振りは意識せず自然に
肘を90度に曲げ力を抜いて体の横に添えるだけ。振るというより揺らすイメージ。

呼吸は意識せず自然に
呼吸は体がオートコントロールしてくれます。

【スロージョギング】の効果は?

スロージョギングはダイエット以外にもたくさんの効果やメリットがあるのですが、ここでは5大効果を上げてみます。

ダイエット効果で体が軽くなる
ウォーキングの2倍のエネルギー消費。

基礎体力が上がる
体力がつき疲れにくい体に。

生活習慣病を改善する
お腹まわりの内臓脂肪は有酸素運動で減少するのでメタボを改善。

がんの予防に効果がある
持続力を高める運動は免疫力のアップで病気のリスクを軽減。

脳が活性化して記憶力アップ
軽運動で記憶力や認知力が高まる。

【スロージョギング】は楽に走ることで長続きし、体力が高まって長距離を走れるようになります。長距離を走れるようになればその分エネルギーを消費して、ダイエットにつながるという嬉しい結果に繋がります。

また、体への負荷が最小限で怪我の心配も少なく安全です。

さらに、お金もかかりませんし、誰もがいつでも始められます。そして、通勤途中でも仕事中でも買い物に行く途中でもどこでも空いた時間を利用して行うことができます。

1日30分以上が理想ですが、最初は1日10分から始めてみましょう。

ありがとうございました!!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)