節分の行事【恵方巻】の食べ方と意味、2017年の方角は?

スポンサーリンク


なぜ2月3日が節分で豆まきをして、恵方巻きを食べるのか?その由来と恵方巻きの2017年の方角と食べ方を紹介します。

 

 

 

 

今日から2月、2017年のもう1ヶ月過ぎてしまいましたね?
1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると、この季節が過ぎる早さを昔からよく言われます。

2月といえば節分!でも意外にその意味などを知らないですよね?
そこで簡単に調べてまとめてみました。

節分の由来とは

節分は毎年2月3日ですが、意味は季節を分けるということで、暦上の季節の変わり目を言います。

でも季節は春夏秋冬なので4回ありますよね?とすると変わり目は、立春、立夏、立秋、立冬。

ですからもともと節分は年4回あります。
春夏秋冬と言われるように日本の暦の始まりは春から。
立春からが新年と言われていたので大切にされ、その前日の2月3日が大晦日になります

大晦日に邪気払いをしてよい新年を迎えましょうという意味で「ついな」の行事として中国から伝わったそうです。

節分の行事豆まき・恵方巻き

  • 豆まき

    豆まきをするのは、鬼=邪気や厄の象徴で鬼の目を打ち魔を滅するという意味があります。

    余談ですが、鬼の語源は平安時代中期に、目に見えないもの=陰(おん)が転じて「おに」と呼ばれるようになったとか。

  • 恵方巻き
    恵方巻は最近の呼び名で、ルーツは江戸から明治時代に大阪の花町で節分のお祝いや商売繁盛を祈願して行われたのが始まりのよです。

    呼び名は「丸かぶり寿司」「太巻き寿司」と呼ばれていたそうです。【恵方巻】と名前がついたのは、実はごく最近の1989年に全国のコンビニエンスストアのセブンイレブンの広島で【恵方巻】と名前をつけて売り出したのが始まり。なんとも意外ですね!

    恵方とは、歳徳神(とくとくじん)という金融や幸せを司る神様です。
    その方向に向かって色々なことを行うと良いと言われています。

     

2017年の方角と恵方巻の食べ方

  • 2017年の方角
    神様がいらっしゃる方向は、毎年変わります。
    どうやって決まるかというと、四方と十干(じゅっかん)を組み合わせて決まります。

四方と十干とは
恵方は基本的に四方しかありません。その四方と、十干(じっかん)を組み合わせることにより、その年の恵方が決まります。十干とは 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸(こう おつ へい てい ぼ き こう しん じん き) の事

 

2017年の方向は、壬(みずのえ)で「北北西」です。

昔は、初詣や新年初めてのことを行うときは、この方向を用いたそうです。

iPoneのコンパスを使うと便利ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

僕は、南南西に走ろうかなと思います(笑)

  • 恵方巻きの食べ方
  1. 恵方の方向だけをじっと見て食べる。ご利益を得ることができなくなるので、よそ見をしない
  2. 黙って食べること、全部食べ終わるまで無言
    一本を一気に食べる、途中で休憩しない

 

 

2月3日の節分は、正しく【恵方巻】を食べ、豆まきをして今年一年、皆様が無病息災、商売繁盛になりますように。

追伸、厄年の区切りも実は節分の2月3日が境になります。ですから、節分に生まれた方は、誰よりも一番先に厄が明けます。

恵方巻を食べる他に、大晦日ということで蕎麦を食べるところもあるそうです。

また、鬼が嫌う鰯を柊木(ひいらぎ)と一緒に飾って魔除けをするところもあります。

ご意見や感想、他に情報がありましたらなんでもコメントいただければ嬉しいです。

最後までありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)