安くて安全なダイエット法【スロージョギング】のポイントとは?

スポンサーリンク

Pocket



なないろランナーです!

かれこれ6年間実践して驚きの結果を出した、誰でも・いつでも・どこでも楽にでき、安くて安全なダイエット法【スロージョギング】を紹介しています。

前回は【スロージョギング】は何なのか?をご紹介しました。
誰でもできる安くて安全なダイエット法【スロージョギング】とは?

今回は【スロージョギング】のポイントを7つご紹介しますね。

その前に、なぜ?【スロージョギング】がダイエットに有効かというと、上記にもあるように誰でも・いつでも・どこでも・楽に続けることができ、しかもお金があまりかからず、無理なく体に負担が少ない安全に減量できる方法だからです。

効果は、減量だけではありません!基礎体力をアップし、生活習慣病も改善させるなどたくさんの効果がある健康法と言えます。

不規則な生活週間、食生活、ストレス、運動不足、加齢などからくる肥満への道。
不安になって、サプリや食事方など巷にあふれる様々なダイエット方にすがる思いで試されたことだと思います。私も同じでした。

しかし、なかなか続けることが難しいですよね?
減量で一番きついのは食事。食べなければ確実に痩せますが、そんなことしたら死んじゃいます。

サプリなんかはお金結構かかりますよね?ライザップなんかは数ヶ月で何十万かかるから庶民には無理無理。

間食をしない、夜遅く食べない、あれ食べないこれ食べない、これだけ食べるとか言ってたらストレスたまりますよね?続けるのイヤですよね?ケーキとか甘いもの、分厚いステーキとか好きなもの自由に食べたいですよね?(笑)

少しなら我慢できるけど、これを一生続けなきゃって言ったら無理でしょ!
一旦は減量できても、またすぐに元に戻りますよね?

そこでダイエットで大事なのは、食事も大事だけど先のことまで全体的に考えることが大事なんです!つまり長く継続できること、継続できるとは楽であることです。

そして、一番大事なのは自然に習慣になるということ!生活の一部になる、融けこむみたいな感じになれば大成功!

その頃には理想の体重・健康を手に入れていることだと思います。

そういうことで、食事制限を少なく好きなものを食べながら、誰でも・いつでも・どこでも・楽に続けることができ、しかもお金があまりかからず、無理なく体に負担が少ない安全に減量できるダイエット方法が【スロージョギング】なんです。

【スロージョギング】の走り方7つのポイント

【スロージョギング】の走りペースを「ニコニコペース」と言います。
これは、笑顔で一緒に走っている人とおしゃべりを楽しめるペースです。

これに対して、息切れをしたり汗をかくようなペースを「がんばりペース」と言います。多くの人がイメージしているジョギングのペースはこれに当たります。

「ニコニコペース」はどのくらいのスピードかというと、これは人によって違います。
おしゃべりを楽しめるペース、楽に感じるペースが基準なので、初めて走る人なら通勤などで歩くスピードの4〜5㎞が目安です。

なぜ「ニコニコペース」がいいのかというと、「がんばりペース」は糖をエネルギーとして使い乳酸が溜まりやすくなり疲れてしまいます。一方、「ニコニコペース」は脂肪をエネルギーに使うので、乳酸が溜まりにくく疲れないので長く走り続けることができます。

走り続けることによって体力がつきスピードは上がっていきます。

走り方のポイント

  1. かかと着地ではなく指の付け根で着地する(フォアフット)
    アキレス腱のバネを利用して前に進む走り方で、かかと着地に比べて地面からの衝撃が3分の1程度で、自然で怪我をしにくい走り方です。
  2. 歩幅は小さく足を小刻みに動かす
    ゆっくり走るには歩幅を小さく取ると体が安定します。最初は10㎝くらいの小刻みな歩幅で15秒間に45歩以上の歩数を意識しましょう。
  3. 必要以上に飛び跳ねない
    歩幅を小さく走るかわりに上に飛び跳ねやすくなります。エネルギーの無駄遣いやひざに負担になるので地面からわずかに離れる程度で。
  4. 地面は強く蹴らない
    これも余分な動きでエネルギーの無駄遣い。足の筋肉に負担がかかり疲れやすくなります。足の力を頼らず片足を地面を真下に向かって軽く押すと体は自然に前に進みます。地面からの反発力を利用して効率的に走りましょう。
  5. あごを上げて姿勢をキープ
    あごを上げて走ると、自動的に背筋がまっすぐに伸びていい姿勢が保て、気道が広がり呼吸がしやすく目線もまっすぐ前になります。また地面の反発力をうまく得るコツはいい姿勢を保つことです。
  6. 腕ふりは意識しすぎず自然に
    これもエネルギーを無駄に使わないために、意識して振らずに揺らすイメージ。ひじを90度に曲げ、力を抜いて体の横に添えるだけでOK。
  7. 呼吸はオートコントロールで
    呼吸を意識する必要はありません。口を開けてリラックスして自然に任せる。体は必要になれば必要な分の酸素を肺に送るようにできているからです。

難しいことは特にないでしょう?ぜひ自分の体で【スロージョギング】を体感してみてください。

長く続けることができるし、理想の体型と健康な体を手に入れてください。
痩せることで、好きなものを自由に食べることが出来ることで、あなたはどれくらいの幸福感が得られるか想像してみてください!

ご意見やわからないことあればコメントください。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)