天皇皇后両陛下も日課に!スロージョギング健康法とその効果とは?!

スポンサーリンク

Pocket



おはようございます!

スロージョガーにはビッグニュース!

今週の10月20日(火)皇后様81歳のお誕生日にあわせ宮内庁から、天皇皇后両陛下が皇居をスロージョギングする姿が公開された。

動画:天皇陛下と皇后さまが軽めのジョギングをする映像も公開=宮内庁提供

ニュースによると、宮内庁幹部の話として両陛下は毎朝6時半から2~30分くらい、皇居・御所の庭約1kmを散策している。その途中の3カ所の計約300mで健康維持の運動としてスロージョギングを取り入れているとのこと。

で、今日朝起きたら、TBS土曜の朝の「報道LIVE あさチャン!サタデー」で、7:00ぐらいからこのニュースと絡めて「スロージョギング」が詳しく紹介されていました!!

スロージョギングの提唱者 田中宏暁先生や僕が友人と受講している大学の田中先生の市民講座に参加の方々が出演されていてビックリ!
テレビの中での先生の教えとともに「スロージョギング」について書きたいと思います。


スロージョギングとは?

隣の方と話ができるくらいの軽い運動の強さで行うジョギングをいいます。

詳しくは、乳酸が急増し始めるランニング速度かそれ以下の速度。乳酸=疲労の元なので、疲労がたまらない強さのジョギングといえます。

人によって強さ・速度は違いますが、それぞれが楽におしゃべりしながら続けられる運動ということです。
スロージョギングの走り方のポイントとは?

スポンサーリンク



足の付け根で着地する(フォアフット) かかとから着地する時と比べ、衝撃が約1/3になる

背筋を伸ばし、アゴを上げる アゴを上げたほうが足が上がる

歩幅は足のサイズの約半分

呼吸は口を開け意識せず自然にまかせる

スロージョギングの効果は?

ダイエット効果

ウォーキングに比べ約2倍のカロリーの消費

有酸素運動による脂肪の燃焼

基礎体力が向上し疲れにくくなる

生活習慣病の改善

有酸素運動による血管の収縮増→血管の硬化防止

肥満・糖尿病・高血圧など の改善

生活習慣病とは(厚労省)

免疫力の向上

がんの予防など

健康寿命が伸びる

平均寿命に対して健康寿命とは、介護もなく普通どおりに生活できる寿命のこと

以上が主な効果です。

一日約30分程度の運動で効果があるそうです。連続でなくても、10分×3回や3分×10回に分けてもいいそうです。僕は通勤時間を使っています。

天皇陛下は最近心臓の手術をされましたね?スロージョギングは心臓疾患のリハビリにも効果があるといわれています。

有名な時間制限が無いハワイの「ホノルルマラソン」は、

元来ハワイの食習慣からくる肥満で心臓疾患の多い地域で、現地のある医師が、長時間をゆっくり時間をかけて走ることは心臓疾患の予防や治療に効果的であるとして、患者を中心にランニングの指導をしたのが発端となり「心臓病の撲滅」をスローガンに開催されたそうです。

このように、「スロージョギング」はダイエットだけではなく、さまざまな病気の予防やリハビリに役立つんですね。

僕はダイエット目的で始めましたが、健康寿命を延ばすためにも続けていこうと思います。

こちらでイベントなんかも開催されています。詳しくは→ 一般社団法人スロージョギング協会

ぜひ、関連記事も見てください。ありがとうございました!

お勧めのジョギングダイエット!ライザップより無理なく痩せる!?

ダイエット食事編美味しいものを好きなだけ食べても痩せる!?

他に情報がございましたらコメントをお願いします!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)