倹約で自由と夢をかなえる?日々の生活の中でこんなにできる方法②

スポンサーリンク


何のために倹約するの?

倹約をするにはまず、何をどう節約していくのかわかるように家計簿を作ることが大事だとお話ししました。

次に大事なことは、何のために倹約するのか?というのを決めることが大切なんです。

それを必ず紙に書いて毎日見てください。

僕は家族を守りながら、自由に自分の趣味や欲しいものを買いたい、もっと将来に向けて自己投資をしたい!という思いと情熱で、家計簿とにらめっこして試行錯誤しながら一生懸命倹約に取り組みました。

そして、自分がそうなりたいと思った通りに実現しています。まだまだ進行形ですが。

何のために?がないとめんどくさくなって続きません。

たかだか倹約ってばかになりませんよ。

資金に余裕ができることは、心にも余裕ができること。心に余裕ができれば、自己投資やチャリティができるようになり、いろんなことがが好転していくんです。

自分のやりたいことができるようになってくるから続くんです!人生が楽しくなるんです!!

家計簿・バランスシートの作り方

会社などの会計士ではないので、あまり細かくせずに最初はシンプルに続けやすい工夫をしましょう。でも、気持ちは会社を経営している気持ちで作りましょう!

僕は月締めの家計簿(バランスシート)を月末に作成します。一日にいくら使ったという日ごとの家計簿はしません。3日坊主で終わるのがおちです。

レシートはすべてもらう癖はつけてます。

まず、収入支出。そして月々に出入りしたお金の項目を作る。

収入は、給料、子ども手当、年金など。株の配当や、利息などの臨時収入なども記載。普通項目は少ないですよね?(笑)

支出は、家賃、駐車場、電気、ガス、水道、新聞、固定電話、携帯電話、インターネット、教育費、保険、税金、交通費など毎月固定で必ずかかるものはまとめて記載する。

この中からどうしても節約できないもの、固定のもの、税金、家賃、駐車場、保険などは、まとめて記載した方がいいです。

そして、自分のお小遣いからの支出は人それぞれなんで項目は自分で決めます。

僕は、あまり細かくしていません。いつも使うものと臨時で使ったもので分けています。

ここを管理しやすくするコツとしてクレジットカードをつかってます。すべて明細が出るから後で分析ができます。ただし引き落としは翌月になるので注意です。

まだ自己管理ができない方は、使いすぎて逆効果なのでクレカは使わないほうが良いです。(笑)

で、クレジットカード支払い分と現金の支出の2項目のみ。特別な支出は別項目で記します。現金支払いはランチ代とかコーヒー代くらいです。

最後に大事な項目は貯金とか積立という項目を作ってください。これは後で、無理せずできそうな金額を決めて設定し、強制的に積立してください。

そして最後に合計金額が出るわけですが、収入から支出を引いた金額がいくらになるのかを支出の項目に計算式で設定してください。この金額が自分の1ヶ月の決算です。

家計簿からどうやって倹約する?

作成した家計簿を前に、何を思いますか?

僕は「数字は正直に真実を語る」と思っています。

いままで何も考えずに無駄に支払ってきたお金が、語りかけてきませんか?

じっくり考えて、できるところから手を入れていく。

「自分が汗水たらして働いて稼いだお金を簡単に他人にやるな!自分で使おう!」と呪文を唱えてください。

たとえば、通信費。携帯電話はスマホだと一人7,000円ぐらいかかりますよね?SIMカードを変えるだけの格安ケータイ電話あります。これで月3,000円ぐらいになりました。今までと使用感ほとんど変わりません。4,000円も浮きましたね。それから、

スポンサーリンク


インターネット・固定電話。今まで、インターネット、NTT電話、ケーブルテレビに契約していて月8,500円払っていました。電力会社のインターネット光回線+光電話が月4,000円、ドコモの動画コンテンツdTV月540円に変えて合計4,540円。しかもインターネットは新規契約4ヶ月無料。dTVは1ヶ月無料(4,000×4+540=16,540円)

なんと月4,000円+16,540円の節約です。

通信費だけで月8,000円浮きましたよ!+16,000円。温泉宿泊まって美味しいもの食べれますね。

あと、保険。お付き合いなんかでいろんな保険に入ってたりします。保険も今は競争で金額安くなってるから、大手1社ではなく、複数社を取り扱いできる代理店に相談して一度見直すといいです。

僕は過去2度見直して、1度目は差額で60万円くらい戻ってきました。2度目は月2,000円くらい安くなりました。

保障が結構かぶってたりするので、余分な保険は解約したほうがいいです。

次に光熱費。これもなにも考えず結構無駄に使っていて、日本の電気代は世界で一番高いといわれています。こんな高いお金をみすみす支払うのはばかばかしいです。来年には電力自由化が始まりますが安くなることを期待したいとこです。

どの季節、どの時間帯、何が一番電気の使用量が多いのかを把握し、料金プランを再検討して、一番安い深夜電力を活用するといいです。夜11時~朝8時までが一番安く、その次に朝8時~10時、夕方5時~夜11時。

深夜時間帯に、使用を集中させる。たとえば充電、掃除、洗濯、炊飯、エアコンなど。タイマー機能が付いてるから便利ですね。こまめに切れる個別のコンセントタップなんかもいいです。昼間の高い時間帯はなるべく使わないように意識しましょう。

1年のうちで一番電気代が高い季節はです。僕の住んでるところは九州なんですが、それでもかなり高くなります。夏場の倍くらいになります。

何が一番電力を使うかというと、暖房器具ですね。エアコンでいうと、冷房より暖房のほうが圧倒的に消費電力高いです。

冬家の中ではなるべく厚着をして、暖房器具の設定温度は低くしましょう。

昼間の暑いとき、寒いときは、涼しいところ、暖かいところに外出するのもいいです。

我が家はオール電化なので、電気温水器が一番電力を使います。冬は温水器だけで、月8,000円使うこともありました。

そこで、電気温水器のブレーカーを1日おきに消してみました。タンクのお湯を1日で使い切る家庭はできませんが、我が家は4人家族で、370リットルタンクで、節約すれば何とか2日お湯が持ちます。

電気温水器は深夜電力で沸かすんですね。毎日深夜になると、お湯の使用量にかかわらず沸かします。これって結構無駄があります。2日に一度まとめてお湯を沸かすほうがすごく効率が良いことに気づいたんです。

それでどのくらい下がったかというと、約半分!!びっくりです。温水器だけで月3,000円くらい節約できました。全体では月平均5,000円くらい節約できています。

水道代も結構無駄があります。僕の住んでる地域は水道代が高くて、月約1万円くらいです。思うのですが、何で水というタダの資源なのに、上下下水道や処理処理施設があるとしてもすごく高い公共サービス?は気がします。

持ち家の方は、井戸を掘るのもいいと思います。

水を主に使うのは、風呂、洗濯、トイレ。我が家は風呂の水を洗濯やトイレにまで使っています。

あと、飲み水は買い物ついでに、郊外の豆腐屋さんで無料で汲んできています。

これで、約月3,000円節約になりました。

この基礎的なことで特別なものは除いたとしても、月16,000の節約になります。年間だと、なんと172,000円ですよ!!

月3万円のお小遣いが月利で約50%以上です!!

他にも余分なものはどんどん見直していきましょう!

自分なりに、見直してみてください。

また続きを書きます。

ありがとうございました!!

コメントお待ちしてます。

関連記事:倹約で自由と夢をかなえる?日々の生活の中でこんなにできる方法?!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)