今流行りの貸農園で予想外に体験した野菜以外の驚き!の収穫とは?

スポンサーリンク

Pocket



今年の4月から近所の農園の区画を借りて、野菜作りを始めました。

きっかけは、ジョギングをしてる時にいつも考えていたんですが、 「医食同源」ってことばがあるように、食べ物って口から体に入ってその栄養なりなんなりを吸収して健康を維持している薬のようなもの。

その食べ物が良ければ健康になるし、良くないものだと体調を崩したりしてしまう。

今まではそんなことなんか考えもせず、その食べ物が安全か?どういう成分が入っているのかなんて関係なく、ただ美味しいければいいやって食べてました。

今では食べ物のこと、栄養のことを学んで、極力外食や添加物が多い食べ物を避け安全で安心な食材を使った家食を心がけています。

できれば、自分で育てた安心できる野菜を自分や家族で食べたい!という思いと、食べ物を作る苦労やありがたみを経験すること。それから、自給率が30%を切っている危険な日本の農業を考えるために始めました。

IMG_0036今週の日曜日は梅雨の合間の貴重な晴れで、早朝から軽くジョギングした後畑仕事。雨が多かったせいか、雑草がかなり成長しててほとんどが草むしりで費やす。

先週の豪雨の影響が心配だったんだけど、畝が結構流れて平らになってる。野菜の方は人参と大根の先端が水に長い間使ってたらしく半分が根腐れの被害。

逆に水を必要とするナスはお化けナスに成長。
トマトは鈴なりで黄色いプチが食べごろ、大きいのも赤く色づき始めた。

ビールのアテに楽しみにしてた枝豆がいい感じに成長してて、たくさん収穫できた。

野菜の他にも収穫があって、ここの農園は数十の区画があるんですがみんないい人なんです。

僕の前後の畑の人はいつも優しくて育て方や注意点、収穫時期、調理方法までアドバイスをしてくれたり、枯れて全滅させてしまったピーマンを分けてくれたり、僕がいない平日に何も言わず草むしりや野菜の手入れをしてくれたり。本当にありがたいです!

みなさんほぼ全員が年上で仕事をリタイアされた方がほとんど。でも見た目が驚くほど若い!そして前向き。現役時の経歴も経営者とかお偉方だった人が結構いらしゃる。

作業の合間にあぜ道談義をするんですが、農作業以外の話も多くて、仕事の経験や普段の生活、近隣の情報とかタメになる話をいっぱい聞くことができ、とても勉強になります。

僕がアウトプットすることがあまりなくて恐縮するのですが・・・
とりあえずスロージョギング健康法の話をしました(笑)
家で食べる野菜を自分で作ってみたい!と思って飛び込んだだけなんだけど、意外な収穫に驚いていて本当よかったなと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)