人気の【酒蔵開き】2017年福岡近郊でオススメを紹介!白糸酒造

スポンサーリンク

Pocket



 

 

 

全国でも珍しい古式製法であるハネ木搾りで作る日本酒。

自然豊かな糸島の老舗の酒蔵、白糸酒造さんの酒蔵開きを紹介します!

 

白糸酒造 ハネ木まつり

嬉しいことに2月と4月の2回、計4日間行なわれます。

日時:2017年 ①2月18日(土)・19日(日)
②4月8日(土)・9日(日)

いずれも時間は11:00〜16:00まで

2月のイベントではもちまきが行なわれ、4月はミニライブを予定しているそうです。

蔵開きの内容は大きく3つ

  • 特別企画
    2017年蔵開き限定酒M55や福岡の地酒として昨年開発した田中五十六(生)の数量限定販売、きき酒大会、酒蔵見学、角打ち(当日限定酒あり)
  • 酒蔵販売所
    日本酒、あまざけ、大吟醸十年古酒仕込み梅酒、山田錦のあまざけ、酒種あんぱん、酒粕、梅の実、塩糀などの販売
  • 糸島物産店
    焼きカキ(飛龍丸)、ハニー珈琲、お惣菜(惣菜畑がんこ)、焼きそば(こうじろ)、鯖鮨(陶翠苑)、豆腐(雷山豆腐)、ぎょうざ(天橋天)、スイーツ(フルーレ)、伊都のこんにゃく(山下食品)、明太子(やますえ)、タンドリーチキン(HINODE)、ハム・ソーセージ(いきさん牧場)など

もちろん、お酒、あまざけの試飲あります。

なないろのオススメは、お酒は白糸55と田中五十六。
一番のオススメはノンアルコールですが、あまざけ。山田錦のみで作った「しらいと」が絶品。

このあまざけは、他のあまざけと違い、とっても飲みやすくて美味しいんです、びっくりですよ!

そして、あまざけはランナーにもってこい。もともと飲む美容液とか飲む点滴とか言われてるくらいで、栄養価が高いんです。ビタミンB群や必須アミノ酸が豊富で走っている時や後の体力回復に効果的。

また食物繊維・オリゴ糖が含まれて腸にも良く便秘に効果があります。

 

今度のマラソン大会に使うために購入しちゃいました!

 

*内容は変更になる場合があります。

イベント開催日は、JR筑前前原駅(南口)との間を直行臨時バスが運行します。

所要時間約10分 料金200円

白糸酒造行き:10時30 11時00・30・50 12時30 13時10・30
14時00・30

JR筑前前原駅行き:13時00・30 14時00・30 15時00・30
16時00

ハネ木搾りとは

撥ね木搾りという技法ですが、てこの原理を応用した圧搾による酒搾りの方法で、巨大な一本の木(約8メートル)を天井からつるし、その重みとてこの原理によって微妙な圧力をかけて丁寧に搾り上げます。

その製法ですが、簡単に説明いたしますと、まず酒袋にもろみ(発酵したお酒のもと)をつめて、槽(ふね)と呼ばれる大きな枠の中に敷き並べます。その上から蓋をし、巨木(撥ね木)を使って圧力を掛けて搾り出します。

もっと詳しくは、こちらをごらんください↓
吉田屋伝統の技術【撥ね木搾り】について

白糸酒造

江戸末期安政2年1855年、全国第4位の山田錦(最高位の酒米)の産地糸島で創業。機械化が進む中、昔ながらの伝統製法ハネ木搾りの日本酒を造り続ける酒蔵。代表銘柄は「白糸」。

2009年に若大将が8代目を継承し、新しい酒蔵も誕生。
伝統を守りながらも新しく進化している期待の酒蔵。
〒819−1151
福岡県糸島市本1986
電話092−322–2901
ホームページwww.shiraito.com/

ぜひ行ってみてください。

最後までありがとうございました!

関連記事

シーズン到来!福岡近郊2017年人気の【酒蔵開き】一覧!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)