中高年のアレルギー性蕁麻疹は治る?!体験記と対処法とは?

スポンサーリンク

Pocket



みなさんはアレルギーになったことはありますか?

僕は、40歳を過ぎて突如アレルギー性蕁麻疹に襲われました‼
蚊に刺された時にできる、平たい膨らみが全身にできてかゆいやら痛いやらで大変でした。

アレルギーは幼い頃にかかった、アレルギー性鼻炎以来です。(笑)

病院にも行きましたが、約3ヶ月苦しみました。結局、自分で考え対処してそれから1ヵ月ほどでみごと完治!

今回は、アレルギーとその原因を調べつつ、僕の体験記と対処方を書きたいと思います。

なにかお役にたてればと思います。

アレルギーとは?

アレルギーについて調べてみると、アレルギーとは、外から入ってきた細菌やウイルスなどを防いだり、からだの中にできたガン細胞を排除する免疫反応が過剰に起こることだそうだ。

過剰免疫反応はセロトニンとヒスタミンという物質が過剰に分泌されるらしい。

わかりやすく言うと、からだの防御機能が過剰反応を起こすということか。

原因物質や症状の種類も多く、根本原因や完全な治療方など詳しくはまだ解明されていないとのこと。

アレルギーの起こる原因物質をアレルゲンと言う。主なアレルゲンとして

スポンサーリンク



①花粉・埃
スギ、ひのき花粉、ハウスダスト
②食べ物
牛乳、卵、そば、えび など多数
③薬物
抗菌薬、解熱剤、添加物など
④金属
ニッケル、コバルト、クロムなど
(金、銀、白金、チタンは比較的安全)
※金属が直接のアレルゲンではなく、溶けだした金属イオンがタンパク質と結合してアレルゲンになる。

以上のアレルゲンにより、花粉症、鼻炎、アトピー等皮膚炎、蕁麻疹、喘息、アナフィラキーショックなどの症状があらわれる。

体験記と対処方

僕の場合は何らかのアレルゲンが原因で、蕁麻疹があらわれました。

最初は様子を見ていましたが収まる気配はなく、特にお酒を飲んだ時やお風呂に入ったあとなど、体が暖まった時最悪でした。

さすがに病院嫌いの僕でもあまりにもひどいので、皮膚科にいって見てもらいました。

しかし、医師は原因をはっきり言わず、ストレスかなにかでしょうということでアレルギーを抑える薬を出して様子を見ましょうとのことでした。

この薬は、坑ヒスタミン剤のアレグラというものでした。

薬を飲めば一時的に収まるものの半日ぐらいで薬の効力が切れまた蕁麻疹が出るの繰り返しでした。

結局、2ヵ月薬を続けましたが、症状を抑えるだけで良くなることはありませんでした。

僕は薬も嫌いなので、なんとか薬を飲まずに治らないかと考えるようになりました。

そこで、原因となるアレルゲン特定のため、上記のアレルゲンを調べて自分の生活の中で当てはまる、食べ物と添加物に絞りました。

ここから原因を探る実験のため薬をやめて、食べ物と生活上で原因となりそうなものを排除することにしました。

具体的には、

①食べ物
普段お昼は外食が多く、時間がないのでコンビニやスーパーでパンやおにぎり、弁当を買って良く食べていました。
これには、防腐剤など多くの食品添加物が含まれるので食べずに、お昼はなるべくミネラル水のみにしました。

家でも普段間食が多く、特にポテトチップスやチョコレートなどの市販のお菓子が大好きでしたが、これも食品添加物が多く含まれるのでやめました。

②その他添加物
食べ物の他に疑ったのが、普段の生の中で使っている物に含まれる添加物。
手洗い、シャンプーボディーソープ、洗濯に使用の洗剤、歯磨き、化粧品、消臭など肌につくもの、口に入るものはすべて無添加の物に替え、化学物質を極力排除しました。

始めて、一週間は全く蕁麻疹の症状は改善しませんでしたが、二週間目から徐々に症状が軽くなっていきました。

そして、ちょうど一ヶ月目ぐらいには、なんと蕁麻疹が全く出なくなったではありませんか!! 自分でも超ビックリしました。

細かいアレルゲンは特定できませんでしたが、排除した中のどれかであることは確かです。

おかげで、永久に薬を飲み続けなくて済みました。

でもなぜ、病院では原因を大きく排除するアドバイスをしないんだろう?と疑問が湧きました。もし、ずっと医者の言うことを信じて薬だけのんでいたらと考えるとゾッとします。病院や医者によって違うんだろうけど。

今でも、家庭内の洗剤なんかは無添加を使っていて、食べ物はお昼水だけというわけにもいきませんので、なるべく手作りで野菜中心の定食やさんで食事を取るようにしています。

家でも、お菓子は手作りか、なるべく添加物が入っていないお菓子を食べるようにしています。

蕁麻疹がおさまって半年が経ちますが、再発はしていません。

僕がこの経験から思うことは、昔アレルギーなんて現代ほどなかったです。
いつからこんなになったんでしょうか?

昔なくて今あるものを考えると、科学の進歩と共に登場した製品やそれに含まれるものではないか?つまり化学物質じゃないか?と疑っています!

本当に健康であることはありがたいことです!

同じ症状のかたは、自分なりに試してみてください。

他に情報がありましたらコメントください。

ありがとうございました!

関連記事
病気の原因について、自分の身は自分で守る!?とあるセミナーより

禁煙のすすめ!タバコをやめれない本当の原因とは?!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)