マラソンランナーのための風邪予防の方法とは?

スポンサーリンク


レース前や後に風邪などひかないようにする。引いたらすぐ撃退しましょう!

 

マラソンシーズンはインフルエンザや風邪などが流行る季節。
大会前にこれらにかかってしまうと、せっかくの大会も下手すると棄権なんてことに・・・

本当に不安だし気を使いますよね?
手洗い・うがい・マスクは当然の予防策として、今回は予防や万が一かかってしまった場合、栄養素によって早期撃退する方法をご紹介します。

風邪・インフルエンザ予防・撃退法とは

それは、特定の栄養素を食べ物でしっかり取ることです。

その栄養素とは、
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEのビタミントリオ。

風邪やインフルはウイルス性疾患です。

このウイルスをやっつけるには、ウイルスなどの異物を除去してくれる免疫細胞のリンパ球を元気にする、ビタミントリオを食材で取ること。

ビタミンAは、粘膜・皮膚の健康強化でウイルスの侵入を防いでくれる作用があります。また、アレルギー物質にも有効です。

レバー、卵黄、にんじん、パセリ、
モロヘイヤ、ほうれん草、うなぎ など

ビタミンCは、免疫力の主体である白血球の働きを強化とウイルス感染を除去する作用があります。またアレルギー症状を抑える作用があります。

ブロッコリー、ピーマン、アセロラ、
ゆず、パセリ、ケール、レモン、柿など
多くの野菜果物など

ビタミンEは、痛みや炎症の原因物質を抑える作用があります。また、血液の流れをスムーズにして脳の働きを助ける作用もあります。

アーモンド、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、アボカド、卵、モロヘイヤなど

また、追加でビタミンDも免疫細胞のバランスをとり免疫システムの調整をし、感染症予防に役立つそうです。

干ししいたけ、きくらげ、しらす干し、すじこ、鮭、いくらなど

以上いかがでしたでしょうか?

これらの栄養素をうまくとり、風邪やインフルエンザを予防&撃退して最高のコンディションでレースに臨みたいですね。

最後までありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)