マラソンの意外で面白い起源や由来を知っていますか?おまけ付き

スポンサーリンク


自分の生い立ちを知らないとおかしいように、マラソンランナーならマラソンの起源や由来をしていて当然でしょ!?

でも、意外に笑えちゃうこともありますよ・・・

マラソンが何をきっかけに誕生したのか?いつから今のような競技になったのか?なぜ42.195㎞なのか?などを簡単にまとめてみました。

 

最後におまけも少しつけておきます。

マラソンの起源

時は遥か昔、紀元前450年の場所はヨーロッパ現在のギリシャ

ギリシャとペルシャ(現在のイラン)が戦争をしていた。

ペルシャ軍がギリシャのマラトンという都市に攻め込んだが、ギリシャ軍が勝利し、ギリシャの名将ミルティアディスがエウアンゲリオン(良い知らせ)をアテネの元老に伝えるため、兵士のフィディピデスをアテネに向かわせた。

その兵士はマラトンからアテネまで必死に走るのだが、ようやくアテネに着いてギリシャ軍の勝利を伝えるやいなや息絶えてしまった。

このマラトンという都市の英語読みがマラソンで名称の起源になっている。

時期については諸説あり、紀元前450年9月12日という説と紀元前490年11月2日という説がある。

また、伝令の兵士もエウクレスという説もある。

この史実の伝承者は有名な歴史家のヘロドトスと言われている。

マラソンの由来となぜ距離が42.195なのか?

マラトンの戦いから時は遥か流れ、マラソンがスポーツ競技として初めて開催されるのは1896年。第1回のオリンピック競技のギリシャ

フランスの言語学者ミシェル・ブレアルがマラトンの戦いと、命を賭して走り抜いた勇敢な兵士を偲んで、伝承のためマラソン競技を提案し実現。

しかし、走る距離は最初から42.195㎞ではなかったんです。

マラトンの戦いで、アテネまで兵士が走った距離は36.75㎞だったんです??

オリンピック競技も、最初は約40㎞ぐらいで曖昧な距離でした。

初めて42.195㎞になった競技は第4回ロンドンオリンピックの時。
この時のエピソードが笑えちゃう!

当初、距離は41.843㎞(26マイル)だったが、イギリス王妃のアレキサンドラのわがままな注文で、観覧しやすいようにか権威の誇示なのか、

ウインザー城の宮殿の庭をスタート地点にして、ゴールはシェファードブッシュ競技場のロイヤルボックス前にということで距離が少し長くなり、

42.195㎞(26マイル385ヤード)になった。

しかし、7回大会までは距離はバラバラであった。

第4回のロンドン大会の出来事で、1位で競技場に入ってきたイタリアのドランド・ピエトリという選手が、実際のゴールの手前でゴールと勘違いして力尽き倒れてしまった。競技員に抱えられゴールしたが失格となる。

この時のアクシデントが「ドランドの悲劇」と呼ばれたが、この時の彼をたたえて第8回大会以降42.195㎞が採用となる。

最初のマラトンの戦いとは全く関係なかったんですね!

おまけ!マラソン雑学

  • 日本最古のフルマラソン大会は、びわ湖毎日マラソンで1946年初開催
  • 当初マラソンは男子のみの競技でしたが、女子が最初に参加した大会は1975年7月26日 網走 ちなみに最高タイムは4時間7分40秒。
    オリンピック競技は1984年のロサンゼルスオリンピックから。
    以外と遅いんですね?
  • 現在の世界記録は 2時間2分57秒 デニス・キメット(ケニア)
    第41回ベルリン大会
    ちなみに、5位までは全てドイツの大会(4位以外ベルリン大会)
    選手もほとんどケニア出身

ご意見感想がございましたらコメントいただければ嬉しいです。

最後までありがとうございます!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)