マイナンバー通知開始!その本当の目的と一番儲かったのはどこか!?

スポンサーリンク

Pocket



おはようございます!

いよいよ今月からマイナンバーの通知が始まりますね、

皆さんのところにはもう自分の背番号は届きましたか?

私のところにはまだ届いておりません。良い番号ならイイナーとか考えながら待っております。

3月くらいに政府広報が全世帯に配布されたのを見ながら制度の特徴や、メリット、デメリットなどを検証したいと思います。

以下、政府広報より抜粋

名称 マイナンバー=社会保障・税番号=国民一人一人が持つ 12桁の番号

目的 社会保障・税・災害対策の分野で個人情報を適切かつ効率的に管理するために活用する。

対象者 住民票を有する全ての方、外国人を含む。

メリット

①国民の利便性の向上

年金や福祉などの申請で、書類の添付が減る。

②行政の効率化

行政の手続きが、正確で早くなる。

災害時の行政支援にマイナンバーを活用。

③公平・公正な社会の実現

適正・公平な課税を実現する。

年金などの社会保障を、確実に給付する。

 

さらに、便利なサービス

個人番号カード 平成28年1月交付開始

顔写真付きICカード。身分証明になる。各種証明書発行。

マイ・ポータル(仮称) 平成29年1月開設予定

自宅のパソコンから様々な情報を取得できる個人用サイト。

制度実施の流れ

平成27年10月 マイナンバー通知を送付開始

平成28年1月~ 社会保障・税・災害対策の手続きで、マイナンバーの利用が開始。申請者に、個人番号カードを交付

平成29年1月~ 国の行政機関の間で、情報連携を開始

平成29年7月~ 地方公共団体等も含めた、情報連携を開始

課題 個人情報の管理→情報セキュリティーを高める 安心・安全なしくみづくり

以上抜粋です。

つらつらと利便性を並べておりますが、このとおりにメリットが享受できればいいですね?と思いますが、年金情報の漏えいがあったように簡単ではないと思います。

スポンサーリンク


僕がまず感じるのは、政府広報のタレントに上戸彩を起用していることです。CMもそうなんですが高感度があるタレントを使うときは、怪しいと感じます。たいてい消費者にとって不都合なことが隠されているときや、強く誘導したいときだと認識しなければいけません。

次に本当の目的は、ずばり税金の捕捉です。国がもっとお金を国民から吸い取りたいと感じます。税金を逃れているところから取り、年金や生活保護など不正受給になって支払っている分をカットする目的でしょう。

水商売で働いている方、その他副業、飲食業など現金商売は進行してない方が多いので恐怖だと思います。

これはもともと違法なので、公平になるのはいいことですしこれで、税収が安定確保できるのは歓迎しますが、問題はその後、社会福祉等が良くなりますよとか一切いってないわけです。

行政も効率化されるわけですから、税収の約半分の莫大な公務員の人件費とか削減されるんでしょうか?

税収が増えてどうなるのか、何に使われるのか具体的に何もいってないですね。

普通だったら、国の借金を減らしますとか、年金にあてますとか、教育を大学まで無料にしますとか、消費税やめますとか、電気・水道などライフライン無料にするとか、公共サービスの充実があってもいいですよね?

GDP世界第3位のこの狭い経済大国で、これだけの税金を国民から集めてたいした公共サービスもない国も、相対的に無いと思います。しいて言えば健康保険制度はまだ恵まれていると思いますが、この先いつまで持つかわかりません。

いったい何に使うのでしょうか?はっきりさせて欲しいです。

デメリットは、情報漏えいに尽きるでしょう。これによる成りすまし等の問題が起こると思います。それから、企業のシステム改修や個人情報保護に莫大な費用がかかります。不景気で苦しむ中小企業は大変です。

外国はすでにたくさんの国がマイナンバーを導入しています。

アメリカ、イギリス、中国、韓国、ドイツ、イタリア、カナダ、オーストラリア、シンガポールなどです。

アメリカは、1936年の戦前に始まり、SSN 社会保障番号といいます。

これは、あまり詳しくは覚えていませんが、世界大恐慌後、国債を発行しすぎてお金が無くなって、アメリカ国民の労働力を担保にアジアの富豪から金を借りたことで、国民の労働管理番号をつけた聞いたことがある。

アメリカでの問題点は

・不法入国者がナンバーを盗んで働く

・死んだ家族に成りすまし年金を不正受給

・ナンバーの売買

80年たった今でも様々な問題を抱えているようだ。

最後にマイナンバー制度導入で儲ける企業を考えてみる。

なぜかというと、お金の流れを追いかけると真実がわかる( フォロー ザ マネー)という言葉があり、これは日本では教育されないが、海外の大学では普通に教えられる。

この制度で儲けるのはIT企業だ。数十兆円規模といわれている。企業や行政のシステムやセキュリティ関連でだ。大企業で言うとNTTデータ、富士通、NECなど。

そしてすでに、一番儲けている企業がある。それは 「日本郵便」

マイナンバーの通知で数百億円あるみたいです。確か年金関連の通知もそうだったよね。

11月の上場前の絶妙なタイミングって何か関係あるんでしょうか?!

マイナンバーがうまく機能することを祈ります!くれぐれも国民監視番号、奴隷番号にならないように、国民が監視しないとですね。

以上です、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)