【NAHAマラソン2015】当日の天気は?対策と過去のデータ

スポンサーリンク


テルテルぼうず

いよいよレース直前になりました!そこで一番気になるのが当日の天気。
今回は、気温、過去のデータと対策も含めご紹介しますのでお役立てください。

南国の天気は気温が高く、変わりやすいです。しっかりチェックして準備していきましょう!

当日の天気は?

気象庁12月5日(土)17時発表の天気予報です。
気になる天気はこちらです
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

スポンサーリンク


 

沖縄天気予報によると、当日は曇り曇り一時雨曇り昼過ぎから雨、降水確率は20%60%6~12時40%50%、12~18時70%、気温は最低が21℃20℃19℃ 最高が25℃です。気になるのは、やや風が強いということ

お天気はゆっくり下り坂で、少し不安定な天気。雨の心配は今のところ少ないが、崩れるのが早まれば降る可能性もあります前日より天気の崩れが早まりそうで降水確率が上がり雨が降る可能性が高まりました。遠征ランナーは雨具の準備もしておいたほうが無難必須です。

スタート時点からお昼までは40%50%ですが、どうも昼からは70%で雨が降りそうです。ゴールまで走り続けることができるランナーには後半、クールダウンの恵みの雨になるかもしれませんが、後半ペースダウンや足が止まる初心者ランナーには、雨で濡れて体が冷えたり、靴が濡れて走りづらかったりでストレスになりかねません。スリップにも注意してください。

対策は、携帯できるビニールポンチョ(ベスト型)を忍ばせて走るといいかもです。僕はスーツなんかをクリーニング時に出したときにかぶせてあるビニール袋に頭と腕を通す穴を開けて、小さくたたんで忍ばせておきます。

その他アイテムは、下に書いてありますので、参考に準備してくださいね。

気温は平年並みですが、作年と比べると若干高い気がします同じくらいです。日差しは弱いと思いますが、日差しが出ることや雨対策でもキャップは必須ですね。
曇りであれば、気温は高めですが差はあまり感じないと思います。

風対策は、集団の風下の影で走ることです。

晴れたほうが景色は良いのですが、ランナーのコンディション的には曇りの方がいいですね。

過去のデータ

過去5年の天候・気温・完走率のデータを見てみましょう。

2014年第30回大会 晴れ 気温19.1℃ 完走率74.55%

2013年第29回大会 晴れ 気温20.0℃ 完走率69.59%

2012年第28回大会 雨   気温21.0℃ 完走率72.56%

2011年第27回大会 晴れ 気温21.3℃ 完走率71.11%

2010年第26回大会 晴れ 気温21.7℃ 完走率71.98%

晴れの日が多く、気温は19℃から22℃の間くらいで大きな変化は無いですね。
9時時点の気温ですから、日差しが出れば暑くなるでしょう。

天気と気温による完走率に影響は無いみたいです。雨の方が完走率が高いですね(笑)
やはり暑さしだいなんでしょうか・・・

対策は?

出発前まで天気をチェックして、見極めは必要です。しかし南国の天気は変わりやすいです。11月に福岡マラソンに参加しましたが、前日までの天気予報は雨降水確率70%気温は20~23℃の予想でした。

雨対策万全で当日を迎えましたが、ふたを開けてみると、曇り時々晴れ 気温26℃でした。
日照時間も長く、多くのランナーが暑さに力尽きていきました。

雨と晴れ両方と暑さ対策は万全で望むのがおススメです。

雨の場合は、雨具(折り畳み傘)ポンチョかゴミ袋改良のポンチョ、クリアメガネ、換えのシューズ、着替え、ビニール袋、タオル、ワセリン(雨をはじくのと保温)、キャップなど

晴れの場合は、キャップ、サングラス、スポーツドリンクなど準備していくといいです。

しっかり準備して完走目指しましょう!

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)