【第35回いぶすき菜の花マラソン】の結果!記録・写真・レポまとめ

スポンサーリンク

Pocket



【第35回いぶすき菜の花マラソン】参加してランナーの皆さんお疲れ様でした!
昨晩は打ち上げで、芋焼酎を飲みすぎて撃沈したなないろランナーです。

大会の結果のニュースなどをまとめてみました。

【第35回いぶすき菜の花マラソン】ニュース

菜の花マラソン1万7000人、川内選手が大会新 指宿市

 

第35回いぶすき菜の花マラソン大会(同実行委員会主催)が10日、指宿市で開かれた。国内外から1万7044人が出場、約1000万本の菜の花が彩る南薩路を駆け抜けた。
スタート時の気温は13度で、薄曇りで風もない絶好のコンディション。ランナーは午前9時にふれあいプラザなのはな館前をスタートし、池田湖や開聞岳の景色を楽しみながら思い思いのペースでゴールを目指した。沿道では住民らがサツマイモや豚汁などを振る舞い励ました。
レースは川内優輝選手(埼玉県庁)が大会新記録で連覇する力走を見せ、沿道を盛り上げた。

南日本新聞http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=72335

 

市民ランナーが駆け抜け 鹿児島・指宿

 

今年で35回目となる新春恒例の「いぶすき菜の花マラソン」が10日、鹿児島県指宿市であった。カラフルなウエアに身を包んだ市民ランナー1万7000人余りが参加し、菜の花が咲く南薩路を思い思いのペースで駆け抜けた。「薩摩富士」と呼ばれる開聞岳のふもとや池田湖畔を回るフルマラソン(42.195キロ)。曇り空の下、沿道では大勢の市民が、ふかしいもなどを振る舞いランナーをもてなした。

毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160111/k00/00m/040/045000c

菜の花ステージ

【第35回いぶすき菜の花マラソン】結果

今年も市民ランナーの星、川内優輝選手が2時間15分14秒の大会新記録で優勝!おめでとうございます。

女子は、吉富博子さんが2時間45分22秒で優勝、これまた大会新記録でアベック大会新記録で盛り上がりました!!

曇りで風もあまりなくて、気温もそんなに上がらなかったので、コンディションに恵まれたことが良かったのでしょうか。

表彰・結果はこちら→ 第35回大会表彰・結果

個人の結果はこちら→ 第35回いぶすき菜の花マラソン 全選手の記録 2016.1.10

前回34回大会結果→ 第34回大会結果

【第35回いぶすき菜の花マラソン】写真・動画

写真:公式SNAP → 大会スナップ集

販売用写真:フォトテック → http://phst.jp/tech/

動画:公式MOVE → 実況ムービー

【第35回いぶすき菜の花マラソン】レポート・まとめ

事前の天気予報では日中は曇りで夜遅くには雨という下り坂の天気予報。実際には晴れ間も時折見られ、気温もちょうど良く絶好のマラソン日和だったと思います。ただ、完走記録の気温は9:00時点で13℃と表示されていましたが、実際にはもっと低かったと思います。

途中、北風だったので体感は少し寒かったように感じました。

鹿児島市内に前泊だったので4時起床、鹿児島中央駅4:51始発の汽車で指宿に向かう。今年は席取ゲームに負けてしまい、車両の隅でしゃがんで睡眠補充で約1時間。

まだ夜が明けていない会場に6:15くらいに到着。今年もやってきたなとスイッチが入った。体育館の2階に場所を確保し、受付を済ませ準備。まだ早いのにたくさんのランナーがすでに会場に集結していて、体育館は30分ほどで一杯に。

菜の花体育館

宿のホテルでいただいた、おにぎりの軽食を食べて、外のブースなどを見て回った。そして昨年同様、体育館側面でサツマイモのふかし芋を作るのに、釜に薪をくべてズラッと並べてあるところで暖を取りながら、甘くて美味しいふかし芋でエネルギー補給。

菜の花ふかし芋

世界一のおもてなしの大会といわれる「いぶすき菜の花」をスタート前から満喫。

30分前にスタート地点に向かう。もうたくさんのランナーで埋め尽くされていた。
昨年も感じたことだけど、参加ランナーの割りに道幅が狭いので、自分のブロックに入れずに歩道までランナーが溢れている。歩道から車道に出る場所も少なく、菜の花の花壇から入る人も多数あり、もう少しブロックを分けるなり、誘導をするなり改善できないものかな。

今回は昨年よりも後方からのスタート。

菜の花スタート地点

スタート地点通過まで、約10分弱かかった。
市街地を抜ける沿道からたくさんの声援、パチンコ屋さん?のディスプレイも応援一色で盛り上げる。

菜の花看板

池田湖手前までは、片側1斜線の道路いっぱいのランナーが延々と続く。
スタート前にトイレを済ませたのだが、前日飲み過ぎたせいかトイレにいきたくなる。しかし、トイレのスポット数キロおきにはあるが、数が少ないためどこも行列。特に序盤のトイレの数は何とかならないものか。

道路わきの空き地でトイレで小をするマナー違反の男性ランナーも、毎度良くない名物になってしまっている・・・

菜の花序盤道路

アップダウンを繰り返しながら10kmちょっとで池田湖に出る。
7kmあたりだったか、驚いたことに対向して車が来て危険に感じた。まだまだランナーが多いので15km過までは片側通行は厳しいよ~

通行止めの交通規制をしっかりして欲しい。(難しいかな)

このレースの見所のひとつ、菜の花畑と池田湖と開聞岳の景色が美しい!ここもたくさんの応援があるスポット。

菜の花池田湖と開聞岳

池田湖とお別れして開聞岳に向かっていくのですが、この辺りから名物の私設エイドが今年もランナーを暖かくお出迎えしてくれた。だいたい20~30㎞に集中している。

豚汁、湯豆腐、お餅、サツマイモ、鰹スープ、鰹の腹皮、そら豆、ぜんざい、トマト、シチューなどなど、他にもたくさんの給食を楽しめました。

そしてなんと芋焼酎まであるんですよね!僕は鰹の腹皮をつまみにゆっくり焼酎をいただきました。

菜の花焼酎

30㎞辺りになるともうお腹一杯。もう食べれない。だけど沿道で一生懸命に応援してくれている、小さな子供たちが差し出すあめ玉やチョコレートをありがたくいただきながら、残り10㎞ゴールを目指す。

山川町の海岸線に出る少し手前あたりから、時おり強い風が吹いて寒かった。

36~37㎞辺りのゆるやかに長~く続く最後の上り坂が難関。全然上らない、進まないの感覚。苦しくて、背筋を伸ばし天を見上げるくらい顎をあげて頂上まで走りきった。

ここを過ぎるとフラットで直線が多い市街地をひたすらゴールの競技場目指してラストスパート。とは言いがたい走りではあったが、無事ゴール!

タイムは撮影と焼酎タイムで昨年よりも時間を食いましたが、予定通り5時以内。のんびり楽しいランでした。

ひとつ心残りは、ZARDの「負けないで」の生バンド演奏が休憩中で聞けなかったこと。タイミングが良くなかった。

給食のおもてなしも凄いけど、菜の花は南国の暖かい人たちの応援が何よりも最高!いろんな応援の表現も豊富で楽しい!

太鼓、生バンド演奏、吹奏楽、合唱、大きい応援看板、巨大クレーンの菜の花?黄色いハンカチ?、名物おばさん、たくさんのチビッコたち、寒いなか沿道まで出てきて応援するご年配の方。

また、ハイタッチやナイスランの声をかけてくれた、運営側のボランティアスタッフ。皆さん本当にありがとう!感謝です!!

ランナー側もたくさんの仮装で盛り上げてくれましたね!
干支のサルの着ぐるみ、フラガール(男もいた?)、安心してくださいはいてますよで有名なとにかく明るい安村の格好、ウルトラマン、ディズニーのミニーちゃん、ほかたくさんの仮装を楽しませてもらいました。ありがとうございました!ナイスラン、お疲れさまでした!!

ゴール後のゲスト瀬古俊彦さんと優勝の川内選手のトークショウで、瀬古さんが川内選手に「2時間15分は一流選手なら当たり前」「賞金たくさんもらってるよね」とか毒舌で突っ込んでたのがすごく笑えました。

最後に、仲間と写真撮影したり、うどんとぜんざいを食べて暖まり、出店を見て回ったりして会場を後にしました。

鹿児島市内に戻りもちろん打ち上げ。ビールで乾杯!の後、郷土料理と芋焼酎を浴びるほど飲んで酔いちくれ~

翌日はあいにくの雨、大会が今日でなくて良かったと感謝。

知覧の特攻平和記念館を観光して、鹿児島中央駅でランチとお約束の「天文館むじゃきの白熊」を食べ、お土産を買って新幹線で帰路に着きました。

白熊

走るよりも、食べて飲んでの充実の遠征でございました。おかげさまで出発前より体重が3kgも増えており、ダイエットランを計画中です。

皆様ほんとうにお疲れ様でした!来年またお会いしましょう。

ありがとうございました!!

スポンサーリンク


【関連記事】

【第35回いぶすき菜の花マラソン】私設エイドステーションまとめ

【SMAP解散】原因と理由は?チーフマネージャーVS副社長!?

【第35回いぶすき菜の花マラソン】打ち上げとお土産はここ!

【いぶすき菜の花マラソン】の走り方!初心者完走コースガイド

【第35回いぶすき菜の花マラソン】まとめ!初心者完走・攻略の極意2015

第35回いぶすき菜の花マラソン大会のエントリー締切はいつ?

第35回いぶすき菜の花マラソン大会 2016年1月10日

【いぶすき菜の花マラソン】鹿児島・指宿の天気は?対策は?

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)