【窪塚洋介】が彼女に渋谷でプロポーズ!20周年記念の作品とは?

スポンサーリンク

Pocket



【窪塚洋介】が12月17日に渋谷で行われた20周年記念のイベントで、今カノのPINKYこと菅原優香にプロポーズのサプライズ!

おはようございます!最近、風邪で走れてないなないろランナーです。

窪塚洋介 ファン600人の前での“プロポーズ”にPINKY号泣

女性自身12月23日(水)6時0分配信

12月17日、東京・渋谷のライブハウスで開かれた、窪塚洋介(36)のデビュー20周年イベント。この前日、窪塚はツイッターで、《ここ数年“伴侶”として寄り添ってくれている、PINKYこと菅原優香と、そろそろ結婚しますです》と報告。この日のイベントも注目されていた。

ライブハウスは大入り満員。DJ2組のパフォーマンスが終わり、窪塚が登場したのは夜9時半過ぎ。

「みんなが『おめでとう』って言ってくれるから、俺らも『ありがとう』って言いたいよな?PINKYちゃん、おいで~!」

窪塚の招きで、照れながらステージにPINKYが登場。真っ白なワンショルダーのロングドレス姿が美しい。ここからのマイクパフォーマンスはまさに窪塚の真骨頂。

「こう見えてグラマーなんですよ。ここ(胸)とか、ここ(お尻)とか。でも、見た目より本当に古風で、気立てはいいし、俺にやさしいし、たまーに年に1回か2回くらい、俺が酔いすぎちゃって、畳の上にしょんべんするときもあります。それをね、『あ、よく出たね』って言ってくれる(笑)。やさしいです。なので一生の伴侶と決めました!」

観客の大合唱でPINKYがシャンパンの一気飲みをしている間に、窪塚は降壇。舞台袖に隠していた大きな花束を抱え、窪塚自身の曲である『IloveU』をアカペラで歌いながら再登場。

そして花束を渡すと、PINKYはたまらず顔を手で押さえ、号泣した。その様子は、まさに“公開プロポーズ”。「おめでとー!」という歓声の中、PINKYは涙で顔をぐしゃぐしゃに――。

この夜、窪塚は朝7時まで飲み続けて泥酔。さぞ、最高の美酒を味わったことだろう。
引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151223-00010003-jisin-ent

【関連記事】【窪塚洋介】が今カノと結婚?過去の遍歴からハリウッド俳優まで

今回は、時代が動く今注目のアーティスト【窪塚洋介】が、あわせて世に放った2つの作品について紹介します!

20周年記念の作品とは?

ひとつは、3年ぶりとなる最新刊の書籍「放流」。もうひとつは、自身初となるアルバム「卍LINE BEST」。

「放流」

「放浪」「放尿」に続く待望の第三弾。
内容は、南米のクスコ・マチュピチュ・チチカカ湖を放浪したときのたびの記録とエッセイ集。(放浪うらやましい!大好き)
衣食住、旅、仕事、愛など、自分の想い、エピソード、信念、哲学を言葉にしたとのこと。

チラチラとだけど初めて彼の本の内容を見ましたが、彼の考えとか良くわかるし、言いたいことも良くわかる。彼はとても頭が良くて、純粋なんだなと思う。
僕も、ランナーなんでトレーニングで走りながらいろんなこと考えるわけで、世の中のいろんなことに気づくわけです。

芸能界みたいな華やかな世界にいると、いろんなことに気づいちゃうし、日本のガラパコスから外に出て、世界や日本を見るとわかることもたくさんあるんだと思います。
そういう彼なりのメッセージという感じです。

目の前にぶら下げられた
人参を喰ったら終わり。

自由の無い、
バビロンに操られた人形に
成り下がっちゃう。

ぶら下げて進むのは、
自分の信念とムスコで十分。

こんなのなんか共感できて、クスッと笑えました。

サッカーの元代表の中田英寿も一時世界を放浪していましたね?彼もいろんなことに気づいた一人だと思います。

機会があったら、ゆっくり読んでみたいです。

単行本208ページ サンクチュアリ出版 1,620円

「卍LINE BEST」

2006年にレゲエDJ「卍LINE」として活動してきた初のベストアルバム。

CD2枚+DVDの計3枚組みの豪華仕様。3,600円+税
内容は、DISK1は過去5枚のアルバムからの厳選を15曲。
DISK2は、関西で人気のプロデューサー「AKIO BEATS」によってリミックスされた15曲。

DVDは、渋谷と大阪のクアトロで行われた5thアルバム「KEY MAKER」のワンマンライブと、インタビューや友人アーティストのコメントが収録されたドキュメンタリー映像。

CDの曲はこちら↓

DISK1
1.卍 Live Show!!
2.OREOREO
3.ASIAN WARRIOR
4.ONORE
5.喜びのうた
6.TAKE IT EASY feat.RUEED
7.CHILLIN’(上がるしかないtype)
8.国崩
9.SAMURAI
10.米本 feat.TONY THE WEED
11.わかっているよ
12.BORN TO LOVE feat.REILI
13.始まりはいつも
14.MAP in da treasure box
15.日本のうた
DISK2
1.ブンシャカラカ
2.CENTER ENTERTAINER
3.ダンスホール深海魚
4.FIRE BURNIN
5.プリズンブレイク
6.KEY MAKER
7.韻 DE KILL TV
8.幸運の女神
9.I wanna U
10.OH-EN feat.TAKE-T
11.BeMyGirlfriend feat.BIGBEAR
12.I Love you
13.Change The Energy
14.My son My sun
15.IKIRO
引用元:http://www.barks.jp/news/?id=1000120393

スポンサーリンク


なないろランナーが気になる曲は、一番最後の「IKIRO」です。彼が2006年に自宅マンション9階から転落して、死の淵から生還した事故について歌った曲です。一度死にそうになった人間はホントに強いなと感じます。その彼なりの力強いメッセージをもらえる気がします!

PVは事故を振り返る映像があり、なお彼のメッセージが伝わりやすいです。

2016年後半には、遠藤周作の「沈黙」が原作で、マーティン・スコセッシ監督の「silence」(サイレンス)に出演してハリウッドデビューするそうです。ますますの活躍が期待されますね。

皆さんは窪塚イズムをどう思いますか?ぜひコメントください!

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)