【熊本地震】募金の寄付先で被災地に早く届くのはどこ?

スポンサーリンク

Pocket



【平成28年熊本地震】で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。同じ九州人として早期の災害の終息と復興を願っています。

僕も何かできないかと、支援物資の協力やボランティアの計画をしています。

今回は、被災地が一刻も早く救援され復興できるための資金が直接早く届くように、募金の寄付先をまとめてみました。

日本財団

特徴

  • スピーディーな支援
    メールやファックスでNPOから申請を受付、審査をし即断で支援を決定。活動費を素早く届ける。活動の内容と資金は公式サイトで公開
  • 税金の控除がある
  • クレジットカード支払い対応

公益財団法人Civic Force

緊急災害発生時に支援事業を行う公益法人です。

特徴

  • 迅速で効果的な被災者支援
  • 多くの支払い方法に対応
    クレジットカード、コンビニ払い、ペイジー、Suica、Edyなど
  • 税金の控除がある

熊本県

直接被災地の県に寄付ができる。
平成28年4月15日~6月30日まで。

  • 組織の規模が大きく、県内の被災地域の状況や地理など全体をを把握しているので、効果的な支援が長期的に見込める。
  • 税金の控除がある

日本赤十字社

受付期間は熊本県と同じ

  • 税控除が受けられる

ふるさと納税(災害寄付を開設している自治体)

直接被災の市町村に寄付ができる
現在、被災地では南阿蘇村、菊池市、宇城市。
また被災自治体の事務処理の負担を減らすため、福井市などが代理寄付の受付をしている。

  • ふるさと納税と同様、税控除が大きく寄付がしやすい。
  • クレジット支払い対応

被災地支援の寄付の参考になればと思います。

僕はふるさと納税で福井市の代理寄付で支援させていただきました。

最後までご覧くださりありがとうございました!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)