【建国記念の日】はなぜ2月11日なのか?いつ誕生したのか?

スポンサーリンク

Pocket



いつも気に留めることもなく、迎えていた祝日、【建国記念の日】。
いままで「建国記念日」だと思っていた。日本の建国の日なのか?考えたら、日本の建国の歴史とかな~んも知らなかった!

アメリカの建国の日1776年7月4日は知っているのに、母国のことは知らんとは恥ずかしい。

気になったので、ちょっと調べてみた。

【建国記念の日】とは?

なぜ2月11日が【建国記念の日】なのかというと、もともとこの日は紀元節という祝日で、「日本書紀」によると、初代天皇の神武天皇が紀元前660年1月1日に即位した日と記されていて、この日は今の暦で、2月11日になる。1872年(明治5年)に制定されたが、1948年(昭和23年)に廃止された。

その後、「建国記念日」の設置を定める法案が9回提出と廃案が繰り返されたけど、実現できず。1966年(昭和41年)にようやく「建国記念の日」として成立した。
以外に新しい祝日に驚かされる。

気づきましたが、上記の建国の話で行くと日本が誕生したのは、2,676年前!?
すごい昔!昔過ぎて建国がはっきりしないのもうなずける。

調べると、なんと現存する国家として世界最古みたいです!

日本最古の書物「古事記」に日本誕生の神話が書かれています。ユーチューブなどにわかりやすいアニメなどがあるので、ぜひ見て学ぶといいです。結構面白いです。

世界的歴史学者で著名なアーノルドトインビー博士は、12、3歳までに自国の神話を学ばなければ、なんとその国は滅びると言っております。

わが国日本の誕生の神話を学ぼう!!

ありがとうございました!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)