【カフェイン】中毒を避ける方法は?ノンカフェイン飲料と種類

スポンサーリンク

Pocket



【カフェイン】中毒を防ぐ方法とノンカフェインの飲み物をご紹介します!

コーヒーもお茶も大好きで、カフェイン中毒気味のなないろランナーです。

僕は毎日コーヒーを最低2~3杯、緑茶を3~5杯ぐらい飲みます。1日のカフェインの摂取の目安が250mg以下ですから、完全にオーバーしていると思います。そして、ファミレスなんかのドリンクバーでは、一番含有量の多いエスプレッソコーヒーを何杯もおかわりしますので、自覚症状はありませんが中毒ではないかと心配しています。(笑)

カフェインの含有量の目安はこちらをご覧ください。
→ 【カフェイン】の含有量が多い飲み物とは?いつものアレは大丈夫?

【カフェイン】中毒を避ける方法

適量であれば何の問題もなく、メリットも多い【カフェイン】ですが、取りすぎると中毒になります。過剰だと致死量に達して志望した例もあります。
→ 【カフェイン】とは?なぜ中毒になる?効果から食品、利点まとめ

普段とりすぎる人や妊婦さんは注意が必要です。
中毒を避けるには、意識して量を減らすか、含有量のある飲み物を摂取しないことです。

だからといってコーヒーやお茶を飲まないわけにはいかないですよね?逆にストレスになります。

そこで僕みたいなカフェイン常習者は、全体の飲む量は減らさず含有量の少ない飲み物やノンカフェインに変えるもしくは分散してカフェインの摂取量を調整するのが最適です。

ノンカフェイン飲料の種類

なるべく健康にも良いものをまとめました。

  • 【ディカフェコーヒー】
    ノンカフェインのコーヒーです。スタバにもあります(ディカフェ コモドドラゴン)
    品揃えがいいのは、ショッピングモールにある「KALDI」。コーヒー豆からインスタントまでオーガニックのディカフェがそろっています。
  • 【タンポポ茶(タンポポコーヒー)】
    見た目がコーヒーの色に似ているので、コーヒーともいわれる。カフェインと同じように利尿作用があり。
  • 【ルイボスティー】
    南アフリカ原産の植物が原料。
  • 【黒豆茶】
    ポリフェノールが豊富。
  • 【そば茶】
    ダッタンそば茶が人気。
  • 【ゴーヤ茶】
    栄養豊富。
  • 【甜茶】(てんちゃ)
    甘みがある中国茶、ミネラルが豊富。
  • 【杜仲茶】(とちゅうちゃ)
    生命力のある植物(不老長寿の生薬といわれている)からつくられた中国茶。不老長寿の生薬といわれている。

健康の効果など詳しくはこちらのサイトが詳しいです。
健康管理の情報コラムノンカフェインの飲み物

コンビニで手軽に買えるペット飲料のノンカフェイン

  • 【爽健美茶】
  • 【十六茶】
  • 【六条麦茶】ほか麦茶全般

ストレスを溜めずに、健康にうまく調整するためにお役立てください。
皆さんはどの飲み物が気になりますか?僕は健康茶でルイボスティーがのんだことないので気になります。ぜひコメントください!

ありがとうございました!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)